Happy marriage

神社挙式で幸せを噛み締めよう|昔からの方法

親しまれている神社で

伝統的な挙式が人気

男女

これから結婚を考えている方や、既に籍を入れて結婚式を行おうと考えている方は、どの様な形式の結婚式をお考えですか。多くの女性が、純白のウエディングドレスに身を包んで教会で挙げる、キリスト教式の挙式に憧れを抱いているのではないでしょうか。教会で挙げる結婚式は国内ではメジャーなものとなっていますが、近年では日本の伝統的な結婚式である神社挙式が人気になっています。神社挙式は神前結婚式ともいわれ、神道の儀式などを行いながら厳かな雰囲気の中で執り行われます。日頃から皆さんも七五三や初詣など、人生や生活の節目などに参拝を行うなどして、神社に親しまれているでしょう。その親しまれている神社で伝統的な結婚式を行いたいと考える方が、最近では急増しています。神前挙式を検討する際は、最初に参加人数や規模、場所などを大まかに決めておくと、スムーズに計画を運ぶことが出来るでしょう。大体の計画が把握できたら、挙式を行う神社を決定する必要があります。神社挙式を行う際は、セレモニー会社を通して神社に予約申し込みできるケースと、神社に直接、予約申し込みをするケースとで分かれます。一般的に大きな規模の神社や有名な神社などは直接、神社挙式を行いたい旨を神社側に伝えて申し込みをするケースが多く見られます。地元などにある小規模の神社などでは、セレモニー会社を通して挙式を行うのが一般的です。セレモニー会社を探す場合、インターネットで神社挙式を行っている会社を探せば、簡単に見つける事が出来るので、ネットを活用すると良いでしょう。また、セレモニー会社のホームページなどで、料金やオプションなどの項目を良く見て、2〜3社を比較検討して決定するのがオススメです。

和の挙式を厳かな雰囲気で

ハート

日本の結婚式は、神前、仏前、キリスト教、人前など、一般に宗教には関係なく多様な形式を選ぶことができます。神前結婚式は、日本古来の神の前において結婚を誓うもので、ホテルや結婚式場の施設内に設けられた神殿を使用する場合と、実際の神社において執り行う神社挙式とがあります。神社挙式では、神社の境内や社殿そのものが結婚式の場となり、斎主や巫女をはじめ、神社の神職により儀式が進められるなど、ホテルや一般の式場とは一味違った厳かな結婚式を経験できます。挙式が可能な神社は数多くありますが、祀られている神様はそれぞれ異なりますし、そのご利益についても、縁結び、夫婦円満、安産、厄除け等々とそれぞれの特徴とされるのもホテルなどとは違います。神社挙式は、参進の儀から始まる標準的な流れに沿って進行されますが、神社によってはその一部を省略、または、逆に独自の儀式を追加する場合があります。ホテルなどでの式では、参進の儀をはじめ、省略される手順が比較的多いようです。神社挙式なら、一生の思い出として、境内が美しく、静かで式にふさわしい荘厳な雰囲気を感じられるところ、格式ある社殿を有するところを自分で選ぶことができます。また、全国的に有名な神社で式を挙げるという選択肢もあります。神社挙式を行うと、ホテルや一般の式場の場合と異なり、式を挙げた神社との縁がその後も続くことが少なくないでしょう。その後、子供のお宮参りや七五三などのイベントで何度もお世話になるケースも多いようです。最近は神社でも、挙式のための設備を充実させたり、複数の結婚式プランを用意したり、参列者や服装その他について式を挙げる人の希望を受け入れるなどして利便性の向上を図っています。

オプションで料金が高く。

男性と女性

神社挙式は古臭いというイメージから脱却しつつあり、衣装も現代的でかわいいものもそろっていて、近年若いカップルにも人気が出てきています。神社挙式では、その利用にあたって神社側に初穂料という名目でお金を払う必要があります。だいたい5万円から20万円を納めることになりますが、衣装代やメイク代は別途用意する必要があります。結婚式プラン会社が用意する神社挙式のプランには、初めから初穂料が含まれている場合もあるので、事前に確かめておきます。神社挙式をする際に、雅楽が流れていると雰囲気を高めることができますが、それもオプションになります。豪華にしたいという人は費用も高くなりますし、不要だと思うのならお金を払う必要もありません。また、挙式後に飲食ができる神社もあれば、飲食できない神社もあります。飲食ができない神社であれば、別の会場を抑えておく必要があります。提携している飲食店でなければならないこともあるので、注意が必要です。また、神社挙式で写真を撮りたいという人は、提携カメラマンに依頼する必要があります。神社という場所柄、式の進行の妨げにならないようにルールを熟知しているカメラマンでないと撮影は許されていないからです。神社挙式はもともと新郎新婦の親戚しか参列できないものでしたが、近年は友人も参列を許されています。それでも、新郎新婦両方のゲストを合わせて30人以内にしておくのが一般的です。神社挙式は、独特の流れがあるので、ぶっつけ本番ではあたふたしてしまいます。なので、家で段取りを確認しておくことが大切です。

日本スタイルの挙式

神社仏閣

日本の伝統的な結婚式である神社挙式は、一般的にメジャーなキリスト教式の結婚式とはいろいろ異なる点があります。そのため、分からないことなどは事前に調べたり質問するなどして知っておくことで、本番の挙式でも安心することができます。

もっと読む

神社を選ぶときのポイント

ハート

神社挙式を行うときには神社選びが重要です。選ぶときのポイントは挙式で用いられる衣装は何かを事前に調べることです。和装と和髪だけであったり、洋装は認められないが洋髪は可能というところもあります。また、収容人数や参列者制限などもきちんとチェックしましょう。

もっと読む

神様に見守られながら挙式

男の人と女の人

格式の高い神社を利用する神社挙式は、雰囲気が良いことから人気を集めています。いくつかの条件があるため、挙式を行える神社はある程度絞られます。規模によって参列者をどの程度集められるかが変わってきます。

もっと読む