Happy marriage

神社挙式で幸せを噛み締めよう|昔からの方法

神社を選ぶときのポイント

神殿で愛を誓う

ハート

神社挙式では神社の境内から神殿に進んで神の前で永遠の愛を誓います。神社挙式をするときにどこの神社にするかを検討する必要があります。神社挙式の会場を選ぶポイントとしては挙式可能な衣装が何かということです。神社によって衣装の決まりが異なります。ある神社では和装と和髪だけしかできないところもありますし、洋装は禁止されていますが洋髪は可能であるところもあります。神社挙式を行うときには、自分が着用したい衣装とヘアースタイルが実現可能な神社かどうかを調べてから選びましょう。また、神社ごとに収容人数にも違いがありますので、キャパを確認することです。親族だけでなく友人や会社の同僚を参列させたいときにはどうしても人数が多くなります。神社に収容可能な人数と参列人数をきちんと考慮しましょう。ちなみに、参列者は親族しかできないという神社が日本には数多くあるので、その点もチェックしておくことをおすすめします。最近では神前式であれば神社以外でも可能です。神殿が併設されているホテルや結婚式場の数が近年増加しています。神社が予約できない状況のときや、大規模な挙式をしたいときには、神社ではなくこのような会場を検討することも1つの手段です。神社挙式は日本の伝統的な決まりごとに基づいて行われるので、一風変わった雰囲気の中で挙式ができます。ただ、神社側も近年の流行を取り入れて、以前は行われなかった指輪の交換を実施しているところがほとんどになっています。

儀式によって挙式が進行

カップル

最近では結婚式で白無垢を着たいと考える方が増えていて、神社挙式を選択される女性が多くなっています。神社挙式の特徴としては、挙式が伝統儀式に則って執り行われるという点です。神社内の神前という厳粛な雰囲気が漂う場所にて、儀式とともに挙式が厳かに執り行われるため、とても思い出に残ると評判です。神社挙式にて行う儀式には、それぞれ意味があります。まず、最初に参進の儀が行われ雅楽などの美しい音色が流れるなか、新郎新婦や親族が本殿まで移動を行います。俗に花嫁行列ともいわれており、この呼び方なら皆さんもイメージしやすいのではないでしょうか。そして本殿内まで移動してすべての参列者が入場したら、修祓の儀が執り行われます。修祓の儀はお清めをする儀式です。本殿内にて神主により御祓いが行われ、新郎新婦や参列者の心身が清められます。そして祝詞奏上の儀が始まり、神主が神様に新郎新婦の結婚報告とご加護をお願いする祝詞があげられ、この儀式は式中で最も重要な儀式です。そのあとは三々九度として知られている三献の儀や、新郎新婦で誓いの言葉を述べる誓詞奏上の儀などが続きます。最近では神社挙式の儀式には無かった、指輪交換を行う儀式が取り入れられる様になってきて、多くの神社で現代社会に合わせて行われています。そして最後に神様に玉串を捧げて神社挙式での儀式は終了し、挙式は終了となります。これらの儀式をともなった挙式は事前に、神主などから作法などの手順を教えて頂けるので、挙式前までに練習などして覚えておくと良いです。

多様化する挙式

会場

最近は派手な結婚式をする人もいれば、地味な結婚式をする人もいます。それだけ個性が際立つようになったといえます。そのため、様々な形態での結婚式が増えています。一昔前までは、ホテルの中で神前式なのかチャペルなのかで挙式して、ホテルの会場で披露宴を行うケースが一般的でした。しかし、最近では、地味な結婚式にするため、挙式だけで終わるケースも少なくありません。昔は、赤ちゃんができていたり、2回目の結婚式だったりと、参列者を呼びたくない時に海外挙式を行うことが多かったのですが、最近はそのような理由がなくても海外挙式や神社挙式を行うことがあります。特に、神社挙式の場合には国内で開催できるので手軽ですし、流行りの和婚ですので雰囲気もいいです。神社挙式をして、そのまま近くのレストランなどで披露宴を簡単に行うこともできます。このように、神社挙式をする場合には、コンパクトな結婚式にすることができるため人気が高まっているのです。ホテルを利用する場合に比べると、費用を安く抑えることができるのも魅力的です。神社挙式自体は数十万でできますし、披露宴会場は別会場になりますので予算に合わせて選ぶことができます。そのため、若い人たちの間では神社挙式の人気があるのです。海外挙式に比べると親族の負担も少なくて済みます。準備期間も短くできるので、新郎新婦にとっても負担が少なくなります。様々な挙式がある中で、自分たちにあった挙式方法を選ぶことができます。

日本スタイルの挙式

神社仏閣

日本の伝統的な結婚式である神社挙式は、一般的にメジャーなキリスト教式の結婚式とはいろいろ異なる点があります。そのため、分からないことなどは事前に調べたり質問するなどして知っておくことで、本番の挙式でも安心することができます。

もっと読む

神社を選ぶときのポイント

ハート

神社挙式を行うときには神社選びが重要です。選ぶときのポイントは挙式で用いられる衣装は何かを事前に調べることです。和装と和髪だけであったり、洋装は認められないが洋髪は可能というところもあります。また、収容人数や参列者制限などもきちんとチェックしましょう。

もっと読む

神様に見守られながら挙式

男の人と女の人

格式の高い神社を利用する神社挙式は、雰囲気が良いことから人気を集めています。いくつかの条件があるため、挙式を行える神社はある程度絞られます。規模によって参列者をどの程度集められるかが変わってきます。

もっと読む