Happy marriage

神社挙式で幸せを噛み締めよう|昔からの方法

神様に見守られながら挙式

有名な神社での挙式も魅力

男の人と女の人

神社で結婚式を挙げる魅力は、その雰囲気にあるとされています。神社は神様を祀る神聖な場所であり、お宮参りや厄除けなどの人生の岐路に祈願や御祓いを受けるなどの、格式高い聖地です。このような神聖な場所にて、神様のご加護を受けながら結婚式を挙げる神社挙式が人気になっており、需要が増加傾向にあります。神社挙式は、どの神社でも執り行っているわけではありません。神社挙式を行っている神社は、挙式を執り行う神殿や披露宴を行う場所が併設されているなどの、条件が整っている所で行っている事が多いです。東京都内であれば、誰しもが聞いたことがあるような有名かつ敷地が広い神社などであれば、おおむね神社挙式を受け付けています。この理由として大きい神社であれば、ある程度の人数の参列者を受け入れるだけの広さがある神殿を備えているためです。通常、挙式は神殿内で行われるのが一般的ですので、大きい神社であれば40〜50人程度の参列者を神殿内に迎え入れる事が出来ます。また、披露宴ではさらに人数が増える事が予想される為、神社にもそれなりの規模や施設が求められます。このような有名な神社などで挙式を行う場合、それなりに高額な費用がかかりますが、安価に神社挙式を行う事も可能です。神社は都内だけでも無数にある為、地元の氏神様を祀る神社でも挙式を執り行っている場合があります。この場合、両家の親族のみの少人数にて挙式を行うのが一般的で、披露宴などは別の場所などを確保して行います。

和装と伝統様式が魅力

赤い糸

何事にも時代によって様々な流行りものがありますが、結婚式に関しても同様に流行があるのをご存知でしょうか。日本古来の伝統的な神社挙式は、近年になって和を感じさせるイベントとして人気が高まってきているのです。日本人であっても日常では着用しない和装を身に着けて伝統様式を体験できる神社挙式は、基本的に家族や親せきのみが参加することになります。神社挙式は雅楽の調べを聞きながら、巫女に導かれながら新郎新婦と親族が御社殿に入って着席するのです。そして新郎の最大の見せ場ともいうべき、祝詞奏上が執り行われます。祝詞奏上は挙式に先立って行われる儀式ですが、新郎新婦が心身を清め神様へ感謝をし、これから二人で末永く幸せになることを祈願するのです。この後は誰もがよく知っている三々九度で知られる三献の儀になり、お神酒を盃で交わします。この場合お神酒を飲み乾さなくてもよいので、お酒に弱い人は口をつけて飲むふりだけにしておきましょう。三献の儀が終了したら、新郎新婦が心中にて祈りをこめた玉串を神前に供える儀式玉串奉天となり指輪を交換しあいます。最後は親族固めの盃が行われ、両家の繁栄を願い両家親族と新郎新婦でお神酒をいただくのです。神社挙式は新郎新婦が神様へ夫婦になることを、報告する儀式となりますが同時に親族への披露の場にもなります。この後には場所を移して結婚披露宴になりますが、神社挙式は互いの親族同士が最初に知り合う場になるのです。伝統的な衣装と様式で行われる神社挙式は、高齢者だけでなく近年になっては若い世代にも人気があります。

失礼にならないように

新郎新婦

日本では西洋式の結婚式が人気となっていますが、最近人気が出始めていて行う人が増えてきているのが神社挙式です。日本の伝統的な結婚式である神社挙式は、その落ち着いた雰囲気から30代以上のカップルに人気が高く若い人の間でも注目されるようになっています。また、世界中に日本の文化が注目されるようになっている現在では外国人のカップルが日本で神社挙式を行うというケースも増えてきています。それだけ行われる機会も増えていることから、これから参加するようになる機会も増えていくことが考えられます。しかし、まだまだ神社挙式は一般的ではないためにどのような作法で参加すれば良いのかわからないという人もいるでしょう。場合によっては失礼になってしまうのではないかと不安に感じることもあるでしょう。特に気になるのはどのような服装で参加すれば良いのかということです。西洋式の結婚式であればドレスで参加するのが一般的ですが、神社挙式の場合にはどうなるのかわからないという人も多いでしょう。神社挙式だから自然と和装なのではと思われがちですが、着物であっても洋服であっても基本的には失礼にはなりません。ただ、洋装で参列する際には神社挙式ということもあって出来るだけ肌を露出しないように工夫するのが望ましいとされています。和装で参列する際には未婚者の場合には振り袖や訪問着で、既婚者の場合には色留袖や訪問着を選ぶのが望ましいとされています。

日本スタイルの挙式

神社仏閣

日本の伝統的な結婚式である神社挙式は、一般的にメジャーなキリスト教式の結婚式とはいろいろ異なる点があります。そのため、分からないことなどは事前に調べたり質問するなどして知っておくことで、本番の挙式でも安心することができます。

もっと読む

神社を選ぶときのポイント

ハート

神社挙式を行うときには神社選びが重要です。選ぶときのポイントは挙式で用いられる衣装は何かを事前に調べることです。和装と和髪だけであったり、洋装は認められないが洋髪は可能というところもあります。また、収容人数や参列者制限などもきちんとチェックしましょう。

もっと読む

神様に見守られながら挙式

男の人と女の人

格式の高い神社を利用する神社挙式は、雰囲気が良いことから人気を集めています。いくつかの条件があるため、挙式を行える神社はある程度絞られます。規模によって参列者をどの程度集められるかが変わってきます。

もっと読む