Happy marriage

神社挙式で幸せを噛み締めよう|昔からの方法

日本スタイルの挙式

知っておきたいこと

神社仏閣

格調高く伝統的な日本スタイルの結婚式である神社挙式は、和風ならではの雰囲気や魅力に惹かれるカップルも増加していることから、人気が高まる傾向にあります。もっともそんな神社挙式ですが、一般的な日常生活の中では西洋文化が浸透し、日本古来のスタイルの神社挙式に関する情報や知識はあまり浸透していないのが現実です。それゆえに分からないことも多いため、神社挙式に憧れはあるけれど、不安もあってなかなかハードルが高く感じるケースなどもあります。しかしながら実際にはブライダル会社と提携を結んだり、融通や要望に対しても寛容な神社も増えており、決して大変な挙式というわけではありません。とはいえ、やはり知らないことも多いため、あらかじめ担当のスタッフやコーディネーターなどに疑問点や分からないことなどは質問して確認しておくと良いでしょう。また神社挙式独特の特徴として、基本的に挙式には両家の親族が参列するケースが多くなっています。教会式での誓いの言葉のように、結婚するカップルが祝詞を読む儀式などがあります。この祝詞については独特の言い回しがあるため、不安な場合は練習しておくと良いでしょう。そして挙式と披露宴を同日に実施する場合は、境内に披露宴会場があるような大きな神社ならば問題ありませんが、そうでない場合は披露宴会場も準備する必要があります。基本的には神社近辺のレストランや料亭などが選ばれやすいです。しかし神社の近くに必ずしもそういった施設があるとは限らないため、挙式をする神社を選ぶ際は、披露宴のことも念頭に入れて場所を選ぶようにしましょう。その際、神社とともに披露宴会場の下見も忘れないように実施してください。

洋服でも構いません

神前式

最近はやりの神社挙式ですが、話はよく聞くものの実際に招待されることはあまりありませんので、どのような流れで進むのかはわかりにくいのが実情です。神社挙式後の披露宴に呼ばれることはあっても、神社挙式の段階から呼ばれることはあまりありません。とはいえ、最近ではかなり広い範囲で神社挙式に呼ぶようになっていますので、いざ呼ばれた場合にどのような衣装で行くべきかは悩むところです。一般的に、新郎新婦は和服姿で神社挙式を迎えます。これも必ずというわけではなく、洋服であっても構わないというところもあります。しかし、せっかく神社挙式という和婚を選ぶのですから、通常、新郎は紋付き袴、新婦は白無垢姿で挙式を迎えます。参列者については、完全に自由です。新郎新婦の母親は着物姿の場合が多いですが、新郎新婦の父親はもちろんスーツですし、親族であっても洋服の方が多いのが実情です。新郎新婦の関係者で挙式の段階から呼ばれた場合には、着物でも構いませんが洋服の方が一般的です。神社という場所柄を考えると和服の方が雰囲気に合うのはもちろんですが、神社挙式の場合は、そのあとカジュアルな披露宴がセットされることが多いです。例えばレストランなどで披露宴を行う際には、新郎新婦はお色直しをしてスーツとドレスになりますから、あまり固い恰好をしていると雰囲気になじめません。神社挙式だからと言って、その場所のことだけを考えずに、全体の流れを考えた衣装にすることが大切です。

神社という神聖な場所で

新郎新婦

いろいろな挙式スタイルがあるなか、最近では神社挙式が人気が高まってきています。神社挙式はいわゆる「神前式」で、神社の神様の前で結婚を誓う日本の伝統的な挙式スタイルです。神社挙式の歴史は古く、室町時代の武家の結婚式として執り行われていました。近代のスタイルになったのは、明治33年大正天皇のご成婚を記念し、日比谷大神宮で行われたのが始まりです。花嫁の清楚な白無垢や色鮮やかな打掛は美しく、また花婿の袴姿は凛々しく、日本人ならではの和婚スタイルにあこがれるカップルも多く、選ばれる理由のひとつです。神社挙式の一連の流れは式次第として決まっていますが、各神社によって細かな部分は違いが出てきます。例えば、入場の仕方では、巫女に先導され、新郎新婦は神殿へ入場します。あとに続き、両家両親・親戚も一緒に入場します。または、家族・親族は神殿で着座し待っていたりと会場によって入場方法が異なります。その後の儀式は、斎主による祝詞奏上、三々九度といわれる神酒を飲み夫婦としての誓いの盃をかわし、誓いの言葉を読み上げ神に誓います。そして、神に捧げものをし、両家の縁を結ぶ儀式など、式次第にそって執り行われます。ひとつひとつの儀式には名称があり、厳かな雰囲気のなか行われていきます。一連の儀式にかかる時間は20〜30分ほどです。さらに、神社挙式の特徴として、挙式を終えた後も縁を結ぶことができます。赤ちゃんが生まれた際のお宮参りや七五三など、挙式会場に選んだ神社を家族の節目にとても大切な場所とすることができます。新たな人生をスタートさせる結婚式を、日本の伝統や家族の絆を大切にする神社挙式に選んでみてはいかかでしょうか。

日本スタイルの挙式

神社仏閣

日本の伝統的な結婚式である神社挙式は、一般的にメジャーなキリスト教式の結婚式とはいろいろ異なる点があります。そのため、分からないことなどは事前に調べたり質問するなどして知っておくことで、本番の挙式でも安心することができます。

もっと読む

神社を選ぶときのポイント

ハート

神社挙式を行うときには神社選びが重要です。選ぶときのポイントは挙式で用いられる衣装は何かを事前に調べることです。和装と和髪だけであったり、洋装は認められないが洋髪は可能というところもあります。また、収容人数や参列者制限などもきちんとチェックしましょう。

もっと読む

神様に見守られながら挙式

男の人と女の人

格式の高い神社を利用する神社挙式は、雰囲気が良いことから人気を集めています。いくつかの条件があるため、挙式を行える神社はある程度絞られます。規模によって参列者をどの程度集められるかが変わってきます。

もっと読む